会社情報

ご挨拶

インフレリスクを伴う時代

1990年代からの長期に渡る資産デフレによって、これまでは現預金や低リスク資産を保有していることが有利な時代でした。しかしながら、資産デフレが終焉の兆しを見せている昨今、預貯金や国内債券等を保有しているだけでは相対的な資産価値を維持することが難しいインフレリスクを伴う時代に突入したと考えています。

求められる適切な税務戦略

相続税は2015年から改正されて増税になり、基礎控除額が40%減となるため相続税申告対象者が大幅に増えることになりました。また、相続税最高税率が55%に引き上げられ、富裕層にとっては世代間の資産移転がこれまで以上に難しくなります。資産を保有するファミリーにとっては、資産防衛のための適切な税務戦略が求められる時代になりました。

多面的に問題を解決

弊社は、こうした資産に関わる複合的な課題に対する解決策を提供するため、2014年4月より社名を「キャピタル・ソリューション株式会社」とし、新たな資産コンサルティングサービスを開始しました。弊社は、有価証券のみならず、不動産、自社株、相続・事業承継対策等、多様な側面から分析を行い、お客様の課題に対して最適な解決策を提供したいと考えています。そして、お客様のゴール実現のため、利益相反のない真の代理人として、生涯の伴走者となることを目指してまいります。

キャピタル・ソリューション株式会社 代表取締役 森 秀光

ページの先頭に戻る